社員のセルフメンタルケアをサポート
ストレス課題を自発的に解決できる組織へ

Scroll

  • Neo Photonics
  • 飛騨市
  • include
  • みらいコンサルティング
  • ADOC International Co., Ltd.
  • 日本政策金融公庫

こんな悩みはありませんか?

ストレスリスクを抱えた社員が分からない

ストレスリスクを抱えた社員が分からない

潜在的にストレスを抱えている社員が多く、
誰がストレスケアを必要としているか分からない

メンタルケアの適切な手段が分からない

メンタルケアの適切な手段が分からない

メンタルケアを行う専門的なアプローチが分からない。
個別の問題のため介入がしづらい

社員のストレスケアまで手が回らない

社員のストレスケアまで手が回らない

日々の業務に追われて個別の社員のストレスケアを行う時間を確保できない

ストレス耐性の高い組織をつくるには
まず社員それぞれがストレス特性とセルフケアの術を知り、
ストレス耐性を高めていくことが重要です。

働く人のストレス感受特性を知る

社員のストレス感受特性を知る

オフィスで、マネージャーに強い口調で注意を受ける人がいたとします。周囲では、自分のことでなくても、マネージャーの声色や雰囲気に敏感に反応してストレスを感じてしまう人もいれば、そうでない人もいます。ストレスに対する感受特性は、人それぞれ異なります。そして、この特性、本人には無自覚です。ストレスケアの知識や対策を伝えるだけでは、改善のしようがありません。まずは、一人一人が自分の感受特性を把握し、それぞれの課題を明確にします。

自発的にセルフケアを行う

一人一人の課題を改善するとどのようなメリットがあるかを明らかにし、セルフケアの動機づけを行うことが重要です。そして、チャットボットが誘導してくれるメンタルチェックやストレスケアのアプリにより、本人の負担が少なく、効果を実体験しながら進められるトレーニング環境を提供し、自発的なセルフケアを習慣化していきます。

自発的にセルフケアを行う
ストレス耐性の高い組織を作る

ストレス耐性の高い組織を作る

社員のストレスへの対処能力を高めた上で、職場環境や業務体制の調整を行うことで、ストレス耐性の高い組織を作ります。管理側からは対処が難しい、社員の内面の調整に関わる負担は軽減され、本来的な組織マネジメントの改善に集中することができます。

SERVICE

サービスのご紹介

組織が介入できない社員のストレスを解決します

セルフケア・トレーニング

ヘルスケア・ソリューション

ストレス課題を自発的に解決できる組織作りを目的として、筑波大学で開発したセルフストレスケアアプリMOODSWITCH®を活用したセルフケア・トレーニングプログラムをご提供しています。

MORE
システム受託開発・運用保守

システム・ソリューション

会員管理やクーポン発行システムから、受発注管理など基幹業務システムまで、様々なシステム開発、運用・保守の経験を活かし、小回りの利く開発体制で、お客様のニーズにあったシステム導入をサポートします。

MORE

NEWS

最新情報

お知らせ

ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(2次)に採択されました。セルフケアアプリとサービスをさらに発展させていきます。

「脳科学ストレスケアアプリを使ったメンタルトレーニング」
お知らせ

筑波大学保健学・宗像名誉教授監修、企業のコロナストレス対策!
「脳科学ストレスケアアプリを使ったメンタルトレーニング」
6月上旬よりウェビナー開始します。

RESEARCH

学術研究